都立野津田高校 同窓会

同窓会会則

第1章 総則
第1条 本会は東京都立野津田高等学校同窓会と称する。
(以下、単に本会という。)
第2条 本会は事務所を東京都立野津田高等学校に置く。
第3条 本会は会員相互の親睦を図り、母校の発展に寄与することを目的とする。
第4条 本会は前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
1. 総会の開催
2. 会員名簿の作成・管理 ホームページ上での活動紹介ならびに広報。
3. 本校の発展に寄与し、協力すること。
4. その他本会の目的を達成するために必要なこと。

第2章 会員
第5条 本会の会員は次のとおりとする。
1. 普通会員・・・・・ 
  本校を卒業し同窓会に
  入会したもの
2. 特別会員・・・・・ 
  本校教職員及び旧教職員
第6条 会員は住所・氏名が変更したとき、同窓会委員を通じて本会に通知するものとする。
第7条 会員は会計の規定により、会費を納入するものとする。
第8条 会員が本会及び本校の名誉をけがし、又は本会の目的に反する行為をしたときは、役員会の議決を経て除名することができる。

第3章 組織
第9条 本会は次の役員を置く。
1. 会長・・・1名
2. 副会長 ・・1名以上
3. 会計・・2名以上
4. 書記・・1名以上
5. 会計監査 ・・2名以上
(総会開催時ごとに会員から選出も可)
6. 同窓会委員・・・・
  各クラスより1名以上
7. 相談役 ・・・1名
   (本校校長を推す)
8. 会計顧問・・・1名
(本校経営企画室長に依頼)
9. 顧問・・・・若干名
(本校副校長及び教職員に依頼し各卒業年度に1名ふえる)
第10条 会長、副会長、会計、書記、会計監査を、総会で選出する。
第11条 役員の任期は5ヵ年とし、再任を妨げない。
第12条 会長は本会を代表し、会務を総括し、役員会を招集し、その議長となる。
第13条 副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときはこれを代行する。
第14条 会計は本会の会計に関する事務を行う。
第15条 書記は総会、議事を整理記録し、議事録を管理する。
第16条 会計監査は会計事務の運営状態を適宜に監査し、総会に監査報告をする。
第17条 同窓会委員は各クラスの会員を掌握し、委員の改選、会員の住所・氏名に変更があったときには、会長に報告する。
第18条 役員に欠員が生じたときには、次の総会で補充選出をする。その任期は、前任の残りの期間とする。

第4章 会議
第19条 本会は次の会議を開く。
1.総 会 (1) 本会の最高意思決定機関とし、原則として年に1回の定期総会を開く。
(2) 普通会員の総数の10分の1以上の要求があったときは、臨時総会を開く。
2. 役員会 必要に応じて随時開催する。
第20条 総会は会長または役員の3分の1以上の出席者をもって成立する。
第21条 総会では次のことを行う。
1、 事業報告 2.予算の決定及び決算の承認 3.役員の選出 4.事業計画の承認
5.会則改正の審議 
第23条 総会の議長は総会において選出する。

第24条 役員会では次のことを行う。
1、 役員推薦 2、 予算案作成 3、 総会準備 4、 連絡網作成 5、 本会関係者の表彰
6、 その他本会の目的を達成するために必要な事項
第25条 会議の議決は多数決による。可否同数のときは、議長がこれを決する。

第5章 予算・決算・会計
第25条 本会の経費は入会金、臨時の徴収金、寄付金、その他の収入をもって充てる。
第26条 普通会員は入会と同時に入会金を納入し、終身会員とする。
第27条 入会金は会各年度ごとに総会で審議し決定する。
第28条 本会の会計年度は、毎年4月1日より翌年3月31日までとする。
第29条 本会の予算は各年度単位で作成し、総会の過半数以上の賛成により成立する。
第30条 本会の収入が野津田高等学校の生徒の積立金によることを踏まえ、会長および役員は、常に最小の費用で最大の効果が図れるよう予算の執行につとめる。
第31条 本会の決算は各年度単位で作成し、会計監査および会計顧問へ協議後、総会の過半数以上の賛成により成立する。なお、会長および役員は会計監査および会計顧問を兼ねることができない。

第6章 付則
本会則の改正は、総会出席者の3分の2以上の賛成を必要とする。
本会に必要な細則は、別に定める。
本会は非営利的、非宗教的、非政党的な親睦団体であって、他のいかなる団体からも支配、統制、干渉を受けない。
本会は学校の運営、管理、人事に干渉しない。

22年1月16日(一部改正) (第9・12・17条)

戻る